ホーム製品情報GEMドライバ

GEMドライバ

SECS/HSMS通信にお困りではありませんか?
パッケージだけでなく、通信システム開発も行なっております。
 
概要
  GEMドライバ(LPD-GEM-H/S)は、半導体製造装置向けのSECS・GEM・HSMS通信を実現するソフトウェアパッケージです。
本製品の動作環境は、Windows2000・XP・7です
GEMドライバ


  特徴
  I/Fとしてパソコン標準装備の「RS232Cポート」か「LANポート」のどちらかを選択し、
  通信を行います。
アプリケーションでは、メモリ領域の操作だけでSECS/HSMS通信が行えます。
   (データの読み書込み・送信要求etc) 
DLL形式のドライバですので、開発言語を選びません。
タイマー監視・通信フォーマットチェック・S9監視及び送信をドライバが行います。
アプリケーションを介さず、通信チェックを行えます。


※本製品をご使用頂くにはイニシャルとして、ローダ(専用定義S/W)も必要となります。 

 
  機能
  SEMIスタンダード準拠
SECSUテキストは、SEMI規格のみならず、ユーザーファンクションまで対応可能
List nや可変長アイテム対応
プロトコルもアプリケーションから変更可能

 
  ドライバ仕様
 
         型式
設定項目
LPD-GEM-H/S
SECSモード HSMSモード
デバイスID 0〜32767の範囲
T1(キャラクタ間タイムアウト) 0.1〜10秒(0.1秒単位)
T2(プロトコルタイムアウト) 0.2〜25秒(0.1秒単位)
T3(リプライタイムアウト) 1〜120秒(1秒単位)
T4(ブロック間タイムアウト) 1〜120秒(1秒単位)
T5(会話タイムアウト) 1〜240秒(1秒単位)※HSMSモード時
T6(コントロールタイムアウト) 1〜240秒(1秒単位)※HSMSモード時
T7(接続アイドルタイムアウト) 1〜240秒(1秒単位)※HSMSモード時
T8(ネットワーク間タイムアウト) 1〜120秒(1秒単位)※HSMSモード時
RTY(リトライリミット) 0〜31の範囲
システムバイト 固定・インクリメント・コピーから選択 4バイトインクリメント・固定・
インクリメント・コピーから選択
二重ブロックの検出 選択
スタートブロック番号 0または1
通信方向 マスター・スレーブ両方向可能 パッシブ・アクティブ両方向可能
注意
 ・LPP-GEM-H/Sは、ドライバ専用定義ソフトウェアです。
 ・LPP-GEM-H/Sで作成した定義データは、LPP-SECS(W)に流用できません。

  GEMドライバ専用 定義ソフトウェア  LPP-GEM-H/S
  GEMドライバ専用の定義用ソフトウェアです。SECSの複雑なリスト構造を対話形式で簡単に定義できる為、開発期間を大幅に短縮できます。
動作環境は、Windows2000・XP・7です。
GEMドライバ_専用定義ソフト
●特徴
・SECS
TのみならずSECSUの定義まで対話形式で簡単に作成することが出来ます。
現場での急な変更に、その場で簡単に変更・追加できます。



検査装置(2D/3D)
通信システム
  EESパッケージ
  GEM300ドライバ
  T-BOX
MEMSセンサー検査装置
OEM開発
受託検査

Copyrights (C) 2010 LAPOLE SYSTEMS INC. All rights Reserved